2010年04月02日

鶴見緑地線事故 列車往来危険容疑で捜査 大阪府警、関係者ら事情聴取へ(産経新聞)

 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線で15日朝、大正発門真南行き始発電車がポイントを損傷し、終点で停車していた別の電車の約70メートル手前で緊急停止した運行トラブルで、府警捜査1課が列車往来危険容疑を視野に捜査を始めたことが27日、分かった。乗客約20人にけがはなかったが、運転指令員と運転士の複合的ミスで衝突や脱線の危険を生じさせた疑いがあるとして関係者から事情を聴く。

 市交通局によると15日午前5時半ごろ、始発電車が京橋駅を出発した直後に自動列車制御装置(ATC)のブレーキが作動し、発車できなくなったことがトラブルの発端となった。

 運転指令員は運転士にATC解除を指示、最高速度を40キロに制限して再出発させた。

 ところがその後、運転規定で定められたポイント手前での停止や、緊急時の手動信号による発車合図、ポイントの正確な切り替えなどが行われず、鶴見緑地駅手前のポイント損傷と門真南駅での電車同士の“ニアミス”を引き起こした。このため同線は約5時間20分にわたり運行を見合わせ、約5万7千人に影響した。

 捜査1課は、運転指令員が運転士に必要な指示を出さず、運転士も指示を受けずに運行を続けたため、脱線や衝突の危険が生じたとみており、市交通局から運転規定や事故現場の見取り図などの提出を受け、経緯を詳しく調べる。

 このトラブルで、近畿運輸局は脱線や衝突事故につながる恐れがあったとして、市交通局に対し事故原因や再発防止策について報告するよう指導。市交通局は調査対策委員会を設置し、緊急の再発防止策などをまとめる。

【関連記事】
後方確認せずに電車をバック 大阪の地下鉄トラブルで
大阪・地下鉄トラブル、運転士は2人「より注意できたはず」
あわや大事故、助役「うっかり」 大阪市営地下鉄トラブル
国の指導、翌朝まで大阪市長に伝わらず 長堀鶴見緑地線事故
長堀鶴見緑地線ストップ ポイント故障 通勤客ら5.7万人影響

<普天間移設>政府案「複数も」…鳩山首相(毎日新聞)
土地所有者情報紛失 宮城・福島で計48万6000件に(河北新報)
温水プール建設、ごみ焼却場で爆発8人重軽傷 兵庫・姫路(産経新聞)
<足利事件>菅家さん無罪へ、26日に再審判決公判(毎日新聞)
鳩山首相、郵政法案決着「一任受けて即断即決」(産経新聞)
posted by イチノセ ショウゾウ at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

“幻の魚”リュウグウノツカイに驚き 萩博物館で公開(産経新聞)

 “幻の魚”と呼ばれる深海魚・リュウグウノツカイが27日、山口県萩市の萩博物館で公開され、入館者は長さ約4メートルの奇怪な姿に目を見張った。

 公開されたのは、今年1月29日に同県長門市の漁港に漂着したもの。珍しい魚を“生”の状態で見てもらおうと、寄贈を受けた同博物館が冷凍保存していた。

 これまで日本近海にはめったに現れなかったが、ここ数カ月で30匹以上も出現。訪れた人たちは「天変地異の前ぶれか、それとも吉兆か…」と話しながら、恐る恐る触ったり、記念写真を撮ったりしていた。28日まで。

【関連:連載「ふるさと便り」】
住民憩いの公園にトラお目見え 山口・宇部
「イノシッ士」2期生が誕生 鳥取
おいしいモモ待ってて 広島・尾道で授粉作業
水木しげるさんの故郷・境港で「妖怪ひなまつり」
土庄高卒業生3人が通学フェリー船長に花束 香川・小豆島
あれから、15年 地下鉄サリン事件

家庭負担、最大月579円=再生エネ買取導入で−経産省(時事通信)
<名古屋市議会>減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)
首相「企業団体献金の禁止に踏み込み根っこを絶つ」(産経新聞)
ベトナム報道で活躍、元毎日記者・大森実氏死去(読売新聞)
<無料低額宿泊所>無届け施設も規制 議員立法へ骨子案(毎日新聞)
posted by イチノセ ショウゾウ at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。