2010年05月28日

平沼氏、日本創新党と統一会派の意向(読売新聞)

 たちあがれ日本の平沼代表は26日、CS放送「日テレG+(ジータス)」の番組収録で、首長経験者らによる日本創新党との連携に関し、「参院選後、共同会派みたいなものを作り、政界再編のために力を出しあっていかなければいけない」と述べ、参院選後に国会で統一会派を組みたいとの考えを明らかにした。

 参院選での「第3極」の新党間の連携については、「話し合いは始まっている。舛添さんのところ(新党改革)とも、私共のメンバーの一人が接触している。いろいろ関係を深めていかないといけない」と語った。

 政府・与党が今国会成立を目指している郵政改革法案については、党として反対する考えを示した。(詳しくは27日夜の放送で)

元みなと銀行支店長に有罪判決=融資金3億3000万円横領―神戸地裁(時事通信)
「辺野古」日米合意、社民は反対方針(読売新聞)
普天間「持続可能な解決策を」…米国務長官(読売新聞)
<クマ襲撃>山菜採りの男性死亡 北海道むかわ(毎日新聞)
和歌山「正論」懇話会 木村汎氏講演「北方領土、正当性主張を」(産経新聞)
posted by イチノセ ショウゾウ at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。